2011年04月30日

岡山藩の札潰れ

「渋染一揆」の歴史的背景に,岡山藩の財政危機がある。

嘉永6(1853)年,ペリー来航の影響により諸物価が高騰した。岡山藩の藩財政はそれ以前に逼迫していたが,この影響によりさらに窮乏化していく。
さらに,幕府により沿岸防衛を命じられ,安房・上総の防備に家老以下多くの藩兵を派遣するとともに,藩沿岸の防御施設として下津井や小串・外波崎などに砲台を築いた。これらによる膨大な出費を要した岡山藩財政は破綻寸前であった。

嘉永6年夏頃から,諸物価の高騰により金相場が急上昇した。
5月には金1両に対し銀札80匁だったものが,10月には350匁,11月には580匁になったため,藩札相場は大下落を引き起こし相場市場は機能停止状態となった。そのため,同年12月には金子引き替えを停止せざるを得なくなった。

翌年,藩は金子所有者からの回収を図るため,銀札改正を断行した。
すなわち,銀札の十分の一の切り下げ(銀札拾匁札を一匁札に通用させる)を行ったのである。これを「安政の札潰れ」という。

このような藩の横暴的な措置により,藩内の経済は大混乱を引き起こし,領民の生活はますます苦しくなり,領民の怒りを招いた。

ところが,その数時間後,江戸大地震の余震が岡山を襲った。領民の不満と怒りはこの地震により一時的ではあるが治まるしかなかった。

posted by 藤田孝志 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山の史実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。